漫画家・竹内未来の活動情報&近況をお知らせするブログです。
[39]  [38]  [37]  [36]  [34]  [35]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
発売中&近日発売
〇2018年8月17日
コミックス発売
『蜜夜の薔薇にくちづけを2』

〇2018年10月1日
雑誌掲載
ハーモニィPRINCE11月号

〇2018年10月20日
コミックス発売
『海賊王に捧げる小夜曲』
作品の感想・仕事依頼ナド
お仕事の依頼・お問い合わせは
info★id74.net(★→@)まで
メール下さいませ。

作品の感想等は各編集部さんに
お寄せいただけると嬉しいです。
TWITTER
今月号のプリンセスGOLDに掲載中の
『花に嵐!』では
歌舞伎の演目『櫓のお七』をエピソードとして使っております。

この演目…
数年前に実際に観たことがあるんです。
実際には『伊達娘恋緋鹿子』という
タイトルだったと思うのですが。

お七を演じていたのは坂東玉三郎さん!

マンガの中でも描いた『人形振り』という演技が
も~~~~!!!!!!
素晴らしくて!!!


人間とは思えない動きで
鳥肌が立つっていうのは
こういうことかと。

今まで見た歌舞伎の女形の中で
ナンバー1に感動した舞台だったのです。

それをよもや自分でマンガに描こうとは
思いもよりませんでしたが…(汗)
畏れ多い…畏れ多いよ…



舞台が終わった瞬間に
会場中が湧くような
スタンディングオベーションだったんですけど。

その時、たまたま超大物俳優さん(故人)が
私の後ろの座席に座っておられたんですよ。

その俳優さんも感激しまくったのか
終わった瞬間にズバアッと席を立って拍手をされまして…
あまりにも勢いよく立たれたので
私は後頭部をガツンとやられてしまったという…(笑)

いやプロの俳優さんが
我も忘れて感動するくらい
素晴らしい舞台だったということです。

あれは本当に眼福でした…


体力のいる演目なので
玉三郎さんもお演りにならないかなあ…
もう一度観たいなあ…


<< 20周年!HOMEプリンセスGOLD 9月号発売です。 >>